壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゾウの孤児園、スリランカ

サバラガムワ州のピンナワラにあるゾウの“孤児園”。ジャングルで頻繁に見つかるゾウの孤児を保護し、ケアする目的で1975年に設立された。2003年時点で収容数は65頭。1982年には飼育下での繁殖に乗り出し、既に20頭以上が生まれたという。自然により近い飼育環境とするために基本的には野放しにするが、1日2回は川へ水浴びに連れて行くという。3歳未満のゾウたちには調教師やボランティアによって人工乳が与えられる。

(写真と文は2012年米National Geographic写真コンテストへの応募作品)
Photograph by Yashani Shantha

壁紙一覧へ

ダウンロード

最新号

定期購読

ナショジオクイズ

こちらの元工場の屋上は農場と、あと何として利用されているでしょうか?

  • レストラン
  • 養殖場
  • 住居

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー