壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

霜で覆われたアメリカカラマツの湿地

ウィスコンシン州にあるアメリカカラマツの湿地。早朝の撮影に最適な場所を探し回り、やっと手に入れたワンシーンだ。朝霧のフィルターをかろうじて通り抜けた朝日が、水路手前のアメリカカラマツを明るく照らしている。まっすぐに延びる水路は次第に細くなり、霧に紛れて消えてしまいそう。一帯を覆い尽くす霜は、朝日を浴びてダイヤモンドをちりばめたように輝いている。この瞬間の雰囲気はなんとも素晴らしかったが、日が昇って霜が溶けるとガラッと表情を変えてしまった。

(写真と文は2013年米National Geographic写真コンテストへの応募作品)
Photograph by Adam Dorn

壁紙一覧へ

ダウンロード

最新号

ナショジオクイズ

写真のハチドリはなぜじっとしているのでしょうか?

  • ハンドパワーを受けたから
  • 方向感覚を失ってしまったから
  • 熟睡しているから

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー