支配者の名前、マヤの巨大彫刻

2013.08.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グアテマラ北部、ホルムル遺跡から最近発掘された、古代マヤ文明のフリーズの全体像。古代建築一般に組み込まれた帯状の部分で、装飾が施されている場合が多い。発掘チームの一員、アメリカ、ハーバード大学でマヤ文明の碑文を研究するアレクサンドル・トコビニン(Alexandre Tokovinine)氏が、数百枚の高解像度写真をデジタル処理で1枚に合成した。チームを率いているのは、同じくマヤ文明の専門家フランシスコ・エストラダ・ベリー(Francisco Estrada-Belli)氏だ。

Photograph courtesy Alexandre Tokovinine, CMHI/Harvard/Proyecto Aqueologico Holmul
 グアテマラ北部、ホルムル遺跡から最近発掘された、古代マヤ文明のフリーズの全体像。古代建築一般に組み込まれた帯状の部分で、装飾が施されている場合が多い。発掘チームの一員、アメリカ、ハーバード大学でマヤ文明の碑文を研究するアレクサンドル・トコビニン(Alexandre Tokovinine)氏が、数百枚の高解像度写真をデジタル処理で1枚に合成した。チームを率いているのは、同じくマヤ文明の専門家フランシスコ・エストラダ・ベリー(Francisco Estrada-Belli)氏だ。 長さ8メートル、高さ2メートルの巨大なフリーズには、鳥の羽根の派手な頭飾りや、翡翠(ひすい)の宝飾品を身に着けた3人の人物が彫刻されている。彼らはいずれも、マヤ文明の信仰対象である山の精霊の頭上にあぐらをかいて座っている。頭飾りには名前も記されているが、中央の“オク・チャン・ヨアート(Och Chan Yopaat)”だけが判読できた。「嵐の神が空に現れる」という意味だ。

 この人物についてエストラダ・ベリー氏のチームは、古代都市国家ナランホの王アフウォサフ(Ajwosaj)が、対立するティカル王国からホルムルの町を奪還した後、支配者として認めた人物ではないかと推測する。

 マヤ文字の専門家、テキサス大学のデイビッド・スチュアート(David Stuart)氏もこの説を支持する。「中央の人物は、これまでの歴史資料でも見あたらない。しかし、フリーズ内の位置関係からも、ホルムルを治める地域支配者という推測は妥当だと思う。ホルムルの南にあったナランホは当時、ティカルと覇権を争うカーヌル(Kaanul)王国の属国だった。とすると、カーヌル、ナランホ、ホルムルの力関係が見えてくる」。

Photograph courtesy Alexandre Tokovinine, CMHI/Harvard/Proyecto Aqueologico Holmul

文=Ker Than

  • このエントリーをはてなブックマークに追加