ヨーロッパ人の遺伝学的な起源が判明

2013.04.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ、ブライスガウ出身者で編成された部隊。1920年代に撮影。

Photograph by Hans Hildenbrand, National Geographic
 現代ヨーロッパの遺伝学的な歴史が初めて詳述された。最新の研究によれば、民族としてのヨーロッパ人は予想以上に歴史が浅いかもしれないという。 古代の骨から採取したDNAを調べた結果、現代ヨーロッパ人の遺伝子構造は6500年前、新石器時代の中期にあたる紀元前4500年頃に定着したことがわかった。約7500年前にやって来た最初の農耕民や、さらに古い時代の狩猟採集民がもたらしたものではなかった。

 研究を実施したアデレード大学オーストラリア古代DNAセンター(Australian Centre for Ancient DNA)の所長アラン・クーパー(Alan Cooper)氏は、「原因は不明だが当時、住んでいた人たちの遺伝的な特性が消失したらしい」と説明する。

 この意外な調査結果は新しい研究の一部で、現代ヨーロッパの遺伝的な歴史を初めて詳述している。

 共同研究者で、ナショナル ジオグラフィック協会のジェノグラフィック・プロジェクトを率いる遺伝学者スペンサー・ウェルズ(Spencer Wells)氏は、「比較的新しい時代の民族移動が、中欧の人々に遺伝学的に重大な影響を及ぼしたようだ」と話す。

◆遺伝的な特性

 クーパー氏の研究チームは、ドイツ中央部で発掘された遺骨39体の歯や骨を研究対象に選んだ。時代はおよそ7500年前から2500年前と推定されている。遺骨から、母親のみから受け継がれる遺伝情報、ミトコンドリアDNAを抽出。

 次に、ミトコンドリアDNAの変異がよく似た1つのグループに焦点を当てた。現代ヨーロッパ人の最大45%が受け継ぐ遺伝的集団、ハプログループHだ。生物の遺伝的な構成(DNA配列)をハプロタイプと呼び、グループ分けした集団をハプログループと称す。親から子に引き継がれるハプロタイプを調査すれば、人類集団の比較調査が可能になる。

 ハプログループHの変異は、何千年も前からヨーロッパ人の遺伝子構造に存在した可能性が過去の研究によって示されている。

 この集団がヨーロッパで優勢になった経緯はわかっていない。最後の氷河期が終了した約1万2000年前から人口が急増し、ヨーロッパ大陸に広がったのではないかという説もある。

 しかし、クーパー氏らによる最新のデータは、現代ヨーロッパの遺伝的な基盤について異なる姿を描き出している。1度や2度の移動ではなく、複数の集団が異なる方向からさまざまなタイミングで波のように押し寄せ、ヨーロッパの人種構成は数度にわたって一変したというのだ。

 最初の現生人類は3万5000~4万年前、アフリカからヨーロッパにやって来た。3万年前ごろまでにはヨーロッパ全域に広がり、一方、近縁種のネアンデルタール人は消失。これら狩猟採集民のDNAが、ハプログループHだった可能性は低い。

 約7500年前の新石器時代前期、今度は中東からヨーロッパに次の波が押し寄せた。作物の栽培方法とともに、ハプログループHの変異型が持ち込まれた。

 考古学者たちは、中欧にやって来た最初の農耕民が形成した文化を線形陶器文化(LBK)と呼んでいる。線形の装飾を施した陶器が多く見つかっているためだ。

 遺伝的な証拠によって、LBKの農耕民と彼ら固有のハプログループHの到来が、ハプログループUの激減と一致することが示されている。当時、ヨーロッパの狩猟採集民の間では、ハプログループUが優勢だった。

◆農耕民の到来

 今回の発見は、専門家の間で長年続く論争を解決に導くと、ウェルズ氏は話す。同氏はナショナル ジオグラフィック協会付き探検家でもある。

「ヨーロッパの考古学的な記録には遺伝子変化を伴う。つまり、人とそのDNAの移動に伴って、文化の変化が起きたのだ」。

 LBKグループとその子孫は繁栄を極め、瞬く間にヨーロッパ全域に広がった。「ヨーロッパを席巻した最初の文化と言ってもよいだろう」とクーパー氏は話す。

 この大躍進を考えると、彼らが多くの現代ヨーロッパ人の重要な遺伝的祖先と考えるのが自然だ。

 ところが研究チームの遺伝子解析結果は、常識を覆すような事実を示している。約6500年前の新石器時代中期、LBKの文化が衰退。そして突然、このグループ固有のハプログループH変異型が希少な存在となり、同グループの異なる変異型を持つ人々に取って代わられてしまうのだ。

 今回の研究結果は、オンライン科学誌「Nature Communications」に4月23日付けで発表されている。

Photograph by Hans Hildenbrand, National Geographic

文=Ker Than

  • このエントリーをはてなブックマークに追加