女性の好みが男性器の進化に影響?

2013.04.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の好みは男性器の進化に影響を及ぼした可能性がある。

Photograph by Patrik Giardino, Getty Images
 大きいことは良いことだ。少なくとも女性が好む男性器のサイズに関しては。最新の研究によれば、女性が選択するサイズが、男性器を大きくする進化に導いた可能性があるという。 男性の外性器の大きさに関する好みを女性に質問した過去の研究では、意見はさまざまに分かれた。大きさなど気にしないと答えた女性もいれば、大きい方が好きだという女性もいた。

 今回の研究を率いたカナダ、オタワ大学の生物学者ブライアン・マウツ(Brian Mautz)氏は、当時の女性たちは公正な意見を述べなければならないという圧力を感じていた可能性があると指摘している。つまり、大きさなど関係ないという意見だ。

 そこで、マウツ氏のチームはある実験を行った。コンピューターで作成した等身大の男性の輪郭53人分を画面に映し出し、平均26歳のオーストラリア人女性105人に見せて反応を探る。

 グレーの外見は同じ53人だが、身長、肩と腰の比率(つまり体形)、弛緩時の男性器の長さが異なる。過去の研究では、女性は一般的に、肩と腰の比率が大きい逆三角形の体型で長身の男性に魅力を感じる傾向があった。男性の魅力を判定する上で、これらの要素が重視されていることを示す。

 今回の実験で被験者の女性は、男性の魅力をポイントで評価するよう求められた。最も野暮な1から、最高に惹かれる7までの7段階だ。

 男性の魅力を判定する上で、女性が最も重視した要素はやはり体形だった。しかし、男性器の大きさも有意な影響を及ぼしていた。

 ただし、必ずしも直線的な関係ではなかった。「男性器が大きければ大きいほど魅力が増すわけではない」とマウツ氏は指摘する。例えば、弛緩時に7.6センチを超えると、魅力的と評価する割合は下がる。

 さらに、身長も1つの要素となっていた。「最も魅力的と評価されたのは、とても大きい男性器を備えた長身の男性だった」とマウツ氏は説明する。

 女性が大きさを評価する理由ははっきりわかっていない。ただし、複数の研究から、性的な満足感との比例的な関係が大きさの好みに影響することが示されているという。

◆男性器の進化

 初期の人類は服を着ていなかったため、男性器は女性の視界に入る状況だった。もし女性が、大きさを伴侶の条件にしていたとしたら、選択的進化が起きた可能性があると、今回の研究では指摘している。「断定はできない。しかし現在、男性器の大きさは魅力の評価に影響している」とマウツ氏は話す。

 ただし、ニューヨーク州立大学アルバニー校の進化心理学者、ゴードン・ギャラップ・ジュニア(Gordon Gallup, Jr.)氏はメールで、研究チームの持論にはいくつかの問題点があるとコメントしている。

 ギャラップ氏はその1つとして、「弛緩した男性器は勃起時の大きさの完全な指標にならない」ことが過去の研究によって示されていると指摘する。

 相手が裸でもいつでも勃起していたわけではない。当時の女性が目にしていたのは、ほとんどの場合、弛緩時だったはずだ。

 さらに、今回の研究の被験者は男性の魅力を評価する際、男性器の大きさより肩と腰の比率に注目していたようだと、ギャラップ氏は指摘する。

 同氏は男性器進化について独自の研究を行っている。持論は、女性の卵子を受精させる競い合いで進化したというものだ。

 形態による機能も見逃せない。矢のような形は、女性の生殖器からほかの男性の精子をかき出すために役に立つ。

 さらに、性器のモデルを使用した研究では、女性器への挿入が深い方が男性精子を多く排除できると示されている。つまり、「長さが進化したのは、膣の奥深くに精子を送り込み、とどめるためである可能性がある」とギャラップ氏は述べている。

 今回の研究結果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌オンライン版に4月8日付けで掲載されている。

Photograph by Patrik Giardino, Getty Images

文=Christine Dell'Amore

  • このエントリーをはてなブックマークに追加