地中海文明の輝き、クレタ島

2011.08.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真夏の太陽光が地中海に反射して、クレタ島西部一帯を銀色のハレーションが包んだ。7月22日、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士が撮影。クレタ島は、ギリシャ最大かつ人口最多の島で東西約260キロ。紀元前2700~1420年頃にかけてヨーロッパ最初期の文明のひとつ、ミノア文明が栄えた。当時使われていた線文字Aはいまも解読されていない。ギリシャ神話に登場する牛頭人身ミノタウロスの誕生の地とされる。

Photograph courtesy NASA
 真夏の太陽光が地中海に反射して、クレタ島西部一帯を銀色のハレーションが包んだ。7月22日、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士が撮影。 クレタ島は、ギリシャ最大かつ人口最多の島で東西約260キロ。紀元前2700~1420年頃にかけてヨーロッパ最初期の文明のひとつ、ミノア文明が栄えた。当時使われていた線文字Aはいまも解読されていない。ギリシャ神話に登場する牛頭人身ミノタウロスの誕生の地とされる。

Photograph courtesy NASA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加