マレーシアの希少種:タイガーシベット

2010.07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネコ目ジャコウネコ科の一種で夜行性のタイガーシベット。カメラトラップ(自動撮影装置)による調査で撮影された。東南アジア全体で生息域が急速に減少しており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも「絶滅危惧II類(危急)」に分類されている。

 調査責任者のアンドレアス・ウィルティング氏は次のように話す。「森林伐採がどんどん進むと、その影響をまともに受けるのがタイガーシベットのような動物だ。彼らの生存状況が森林破壊の深刻度を測る指標になる」。

 今回の哺乳類調査の結果は、IUCNの小型ネコ目動物専門家グループが発行している「小型ネコ目動物の保護活動(Small Carnivore Conservation)」の第42号に掲載されている。

Photograph courtesy Andreas Wilting
 ネコ目ジャコウネコ科の一種で夜行性のタイガーシベット。カメラトラップ(自動撮影装置)による調査で撮影された。東南アジア全体で生息域が急速に減少しており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも「絶滅危惧II類(危急)」に分類されている。 調査責任者のアンドレアス・ウィルティング氏は次のように話す。「森林伐採がどんどん進むと、その影響をまともに受けるのがタイガーシベットのような動物だ。彼らの生存状況が森林破壊の深刻度を測る指標になる」。

 今回の哺乳類調査の結果は、IUCNの小型ネコ目動物専門家グループが発行している「小型ネコ目動物の保護活動(Small Carnivore Conservation)」の第42号に掲載されている。

Photograph courtesy Andreas Wilting
  • このエントリーをはてなブックマークに追加