タイタンにたたずむ探査機ホイヘンス

2010.03.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土星の衛星タイタンに着陸した欧州宇宙機関(ESA)の小型探査機ホイヘンスを描いた想像図。全長2.7メートルの機体に着陸用パラシュートがつながっている。

 ホイヘンスは2005年に土星探査機カッシーニから分離してタイタンに着陸し、バッテリーが持続する約90分間、濃い大気に覆われた地表の様子を地球へ送信した。2010年3月8日に公開されたこの想像図は、当時の画像を基に作成されている。

Image courtesy ESA
 土星の衛星タイタンに着陸した欧州宇宙機関(ESA)の小型探査機ホイヘンスを描いた想像図。全長2.7メートルの機体に着陸用パラシュートがつながっている。 ホイヘンスは2005年に土星探査機カッシーニから分離してタイタンに着陸し、バッテリーが持続する約90分間、濃い大気に覆われた地表の様子を地球へ送信した。2010年3月8日に公開されたこの想像図は、当時の画像を基に作成されている。

Image courtesy ESA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加