【動画】電光石火、カニを奇襲するタコ

潮だまりからの襲撃はタコの常套手段だった

2015.03.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーストラリア西部、ヤリンガップのビーチで、カニにいきなり襲いかかるタコの姿が映像に収められた。撮影したのは一般女性のポルシェ・インドリジさん。彼女の目の前で、突然小さなタコが潮だまりから勢い良く飛び出し、無防備なカニを急襲したのだ。
 そこで米ウッズホール海洋生物学研究所のロジャー・ハンロン氏に、タコの意外な生態、狩猟テクニックについて聞いた。

――タコはみな肉食ですか? どうやって獲物を殺すのでしょう。

浅瀬にすむタコはすべて肉食です。好物はカニやイガイの仲間。獲物に覆いかぶさり噛みついて、神経毒を注入します。

――こうして陸に上がることはタコにとっては危険な行為なのでしょうか。

エラが湿っている間は水の外でも1~2分なら問題ありません。乾いてザラザラしたところを移動すると吸盤が傷つきますが、この潮だまりのように湿った場所なら大丈夫。もしかしたら、近くにカモメのような天敵がいたから、こんなに素早く行動したのかもしれません。

――潮だまりでの奇襲は、タコによく見られる行動ですか?

そうです、タコの習性です。タコの中には潮だまりをすみかにしている種がいます。水中に潜んで待ち伏せし、陸上の獲物を急襲するように適応しています。

――この動画を見て驚いたことは?

これほど俊敏な攻撃は驚きです。研究者として頭足類の調査に多くの時間を費やしてきた私でも、この動画は衝撃でした。

――カニを捕まえると、タコはすぐさま岩陰に隠れてしまいました。あなたは頭足類のカムフラージュについて多くの研究をされていますが、タコは生まれつき狡猾な生き物なのでしょうか?

「狡猾」という言葉は適切ではないでしょう。タコが獲物に音もなく忍び寄って行くことはよく知られています。得意のカムフラージュの技も使いながら、飛びかかれる距離までゆっくりと獲物に近づいていくのです。大きく広げた8本の腕は、ぱっくりと開いた巨大な口と同じです。ずる賢いのではなく、高度な進化の賜物なのです。

文=Stefan Sirucek/訳=小野智子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加