古代エジプト王の壮絶な死が遺骨から明らかに

自ら戦うファラオが君臨した群雄割拠時代の象徴か

2015.03.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古代エジプトの王(ファラオ)、セネブカイの遺骨の分析が行われ、死亡時の状況が明らかになった。(Photograph by Josef Wegner, Penn Museum)

 謎のベールに包まれていたファラオの遺骨を分析した結果、暴力にまみれた壮絶なその最期が明らかになった。遺骨は2014年に発掘されたばかりだった。

 古代エジプトの王、セネブカイが生きたのは紀元前1650年から1550 年ごろで、遺骨が見つかったのはカイロから約480キロメートル南方にある聖地アビドスの埋葬地。2014年1月、まず4人のファラオの墓が見つかり、このうちの1人がセネブカイと特定された。

 最新の遺骨の分析結果では、複数の敵からアヒルのくちばしのような形をした青銅製の斧で殴打されていたことが判明した。骨まで到達した傷が18もあり、頭蓋骨と背中への打撃が致命傷になったことがうかがえる。

 米国ペンシルバニア大学の考古学者で発掘班のリーダーを務めるジョー・ウェグナー氏は、セネブカイは複数の敵から切りつけられるなど激しい攻撃を受け、命を落としたとみる。

骨が語るラストシーン

 ウェグナー氏のチームは、遺骨に残った傷の角度や位置を分析し、どのような状況で傷ができたのかを推測した。

 襲撃されたとき、王は馬に乗っていた可能性が高い。右の足首が切断されるほどの重傷を負い、大量出血したとみられ、両膝と両手の複数の傷からは激しい攻撃がうかがわれる。腰の傷は座った状態で受けたもののようだ。

 頭部の3カ所に斧による致命的な傷を受けた時には、セネブカイはすでに地面に落下していたとみられる。この傷のうちの1つは非常に大きな力によるもので、頭蓋骨に刃の形と厚さが跡となって残っていた。

 ウェグナー氏は、セネブカイは明確な殺意をもって襲撃されたとみている。政治的なライバルによる暗殺の可能性はあるものの、戦闘中かあるいは待ち伏せによる攻撃に遭って死亡したと同氏は考える。「傷からみて、戦闘訓練を受けた兵士の攻撃だったと思われます」

遺骨には頭蓋骨の前部と後部への打撃を含む18カ所の傷が確認された。(Photograph by Josef Wegner, Penn Museum)

知られざる王の姿にせまる

 遺骨を分析したニュージャージー州ローワン大学のジェーン・ヒル氏とマリア・ロサド氏は、セネブカイの死亡時の年齢を35~40歳と割り出した。当時の人としては非常に背が高く、約170~183センチメートルほどあったことも明らかになった。

 セネブカイの時代は古代エジプトの第2中間期と呼ばれ、王朝は分裂し、富が失われた時代だった。セネブカイの墓は直径約150フィート(46メートル)のエリアの周辺に散在する7つの地下構造物の1つである。そのうちの4つから多くの遺骨が発見された。

 残りの3体も同じ時代のファラオの遺骨とされているものの、人物を特定できたのは墓壁に王であることを示す「カルトゥーシュ」と呼ばれる線が刻まれていたセネブカイだけだった。セネブカイの名はトリノ王名表と呼ばれるパピルスの文献に書かれている名前とも一致する。

古代エジプト王、セネブカイの墓を発掘したのは2014年1月だった。(Photograph by Josef Wegner, Penn Museum)

 大腿骨や骨盤の遺骨には、セネブカイが長時間にわたり馬のような動物に乗っていたことを示す特徴がみられた。この頃、近東からエジプトへ馬が持ち込まれており、少し後の時代の記録からは王や有力な軍人が馬を使用していた事実が確認されている。

ファラオが自ら戦った時代

 セネブカイ以外の遺骨の1つは、鍛えられた肉体を持つ男性のもので、左腕を頻繁に使っていた形跡がある。アーチェリーまたは戦闘訓練を行っていた可能性があり、これら7つの墓は戦士のファラオが分割統治していた時代を示しているのかもしれないとウェグナー氏はいう。

 この時期にアビドス王朝は、北部のヒクソスまたは南部のテーベに脅かされていたとされる一方、王朝内部にも軋轢があった可能性がある。

 セネブカイが死亡した場所や、統治した王朝の規模は不明だが、遺骨のすぐ近くに布があった様子からすると、死後すぐにミイラにされたのではないようだ。遺体はおそらく数週間、埋葬されずに置かれるか別の場所へ移された後、ミイラにされ埋葬されたとみられている。

 ナショナルジオグラフィック協会も支援するアビドス遺跡の発掘は今年夏に再開される予定だ。

文=Nick Romeo/訳=キーツマン智香

  • このエントリーをはてなブックマークに追加