アリが「公衆トイレ」を持つと判明

アリの排泄習慣を綿密に調べた初の研究で明らかに

2015.02.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トビイロケアリは巣の中の決まった場所に排泄物を溜める。写真はドイツで撮影された個体。(Photograph by blickwinkel, Alamy)

 アリの排泄習慣を綿密に調べた初めての研究から、数種のアリは複雑に入り組んだ地中の巣で共用の「トイレ」を維持していることが明らかになった。

 亜種が日本にも生息するトビイロケアリ(学名:Lanis niger)を調査した研究者らは、巣の中に排泄物を溜める専用の場所があることを発見した。これはある意味、道理にかなっている。数千匹ものアリがひしめく狭い空間では整理整頓がカギだからだ。

 ただし、糞は細菌を増やし、病気を蔓延させ、コロニーを危険に曝す可能性もある。

「アリは実にきれい好きな生物ですが、あまり擬人化しないよう注意しなければなりません」と述べるのは、今回の研究を率いたレーゲンスブルク大学の博士研究員トメル・チャチュケスだ。

「きれい好きなのは自己満足のためではなく、種の生き残りにおける選択的優位性があるのでしょう」

2カ月後、あるパターンが浮かび上がった

 チャチュケスと共著者らは、世界中に広く分布するトビイロケアリを対象に、研究室で飼育された21のコロニーで実験を行った。

 研究チームはそれぞれのコロニーに赤、あるいは青色の食用色素で染めた砂糖水を与えた。

 青色の砂糖水を摂取したアリは青い糞を出す。つまり、アリがどこに排泄物――専門用語で「糞粒(frass)」を溜めるかが一目瞭然となる。

 実験開始から2カ月後、あるパターンが浮かび上がった。赤青両方のコロニーで色のはっきりした箇所がいくつか堆積し始め、それらは主に巣の端々に現れるようになった。明らかにアリは糞粒を「トイレ」界隈に集めて、無造作に撒き散らしている様子ではない。しかし、なぜだろう?

「強いて言うなら、危険な巣の外に出たくない消極的なアリなどが住空間をきれいに保っているのかもしれません」と、チャチュケスは推測する。

 2月18日に「PLOS ONE」誌に発表された論文の中で、著者らはミツバチやハダニといった社会性昆虫がコロニーから遠く離れた場所へ排泄物を捨てにいく行動について言及した。

 その一方で、トビイロケアリが糞を巣の中に溜めるということは、彼らの社会にとって何かしら有益な面があるのかもしれない。

アリにとってトイレとは何か トビイロケアリと考える

 その1つとして絆を深める時間が考えられると、『Secret Lives of Ants』の著者であり、韓国の国立生態学研究所のジェ・チェ(Jae Choe)所長は述べる。

 例えば、「哺乳類のアリ」とも言える社会性のハダカデバネズミは、巣の中に排泄をする共通の場所、すなわちトイレを持つとチェは説明する。

 同じ巣に棲む仲間は定期的にそこを訪れて、糞を体中にこすり付け、同じ集団に属すことを示すフェロモンを付着させる。

 さらに、シロアリの数種は抗菌性のある排泄物を出して、健全なコロニーを保っていることから、トビイロケアリでもそのことを確かめたいと研究リーダーのチャチュケスは話す。

 糞粒はアリの幼虫にとって貴重な栄養源を含んでいる可能性もある、と彼は付け加えた。1匹のアリの糞粒が、ほかのアリにとっては宝物かもしれない。

文=Jason Bittel/訳=益永依子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加