謎の巨大深海魚アカマンボウをカメラがとらえた

実はマンボウの仲間ではなく、泳ぐ速さはマグロやカジキ並み

2015.02.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南カリフォルニアのサン・クレメンテ島沿岸で撮影されたアカマンボウ。カメラの前でポーズをとっているようだ。(Photograph by Ralph Pace)

 ずんぐりした体と薄い胸びれはとても速く泳げそうには見えないが、実は、マグロやメカジキと同じくらい速く泳げることがわかっている。原因は不明だが、近年、カリフォルニア沿岸で科学調査をする研究者がこの魚に遭遇することが増えていて、多くの新事実が明らかになってきている。

 2014年11月、米国の南カリフォルニアの沿岸で漁業調査の記録写真を撮っていた写真家のラルフ・ペイスは、体重59kgのアカマンボウの姿をカメラに収めた。

 研究者がたまたまこの魚を捕獲してしまい、海に逃がすときに、ペースが水中に潜って写真を撮影したのだ。

 魚が泳ぎ去るまでのわずか2分ほどの時間は、彼にとって忘れられないものになった。アカマンボウは大きく、「マンホールの蓋ぐらいはありました」とのこと。彼は幸運だった。

 米海洋大気局(NOAA)南西水産科学センター(米国カリフォルニア州ラ・ホーヤ)の魚類遺伝学者ジョン・ハイドによれば、「海で自由に泳いでいるアカマンボウの写真は極めて珍しい。しかも、こんなによく撮れている写真は見たことがありません」

高級魚

 NOAA南西水産科学センターの漁業生物学者オーエン・スノッドグラスによると、アカマンボウは魚市場で良い値段で取引されているものの、この魚を目的とする漁は行われていないという。

 主な理由は、深海魚であるアカマンボウは、商業的に価値のあるマグロなどと違って大きな群れを作らないことにある。アカマンボウだけを狙って漁をしていては、採算が取れないのだ(タイセイヨウクロマグロの現状については『ナショナル ジオグラフィック』2014年3月号「クロマグロ 乱獲の果てに」を参照されたい)。

 アカマンボウは、マグロやメカジキ漁の際に混獲される。漁獲量は多くはないが、大金になる。2012年のハワイでのアカマンボウの市場規模は約300万ドルだった。「非常においしい魚なのです」とスノッドグラスは言う。

 彼の説明によると、アカマンボウは部位によって見た目も味も全然違う。背側の身の見た目はマグロに似ていて、味はマグロとサケを合わせたようだという。そして、体の両側にある胸びれを動かす胸びれ筋は、見た目も味も牛肉に近い。

「生でも食べられますが、バーベキューにしても薫製にしてもおいしいですよ」とスノッドグラスは言う。

 サンフランシスコの寿司屋の共同オーナーであるキャソン・トレナーは、資源の枯渇が心配なので店ではアカマンボウを出していないが、個人的には表面を軽くあぶって食べるのが好きだ。

 アカマンボウの胸びれ筋は美味であるだけでなく、研究者がこの魚の泳ぐ速さや生態を知るための手がかりになる。

 スノッドグラスによると、アカマンボウの胸びれ筋が全体重に占める割合は約17%と高い。「そのため、鈍重そうな見た目に反して、その気になれば非常に速く泳ぐことができ、長い距離も泳げるのです」

幻の魚

 スノッドグラスは、2011年から2013年にかけて10匹のアカマンボウにポップアップタグ(一定期間が経過すると自動的に魚体から切り離されて浮上し、人工衛星にデータを送る情報記録発信装置)を取り付けて、その移動を調べる研究を行った。データの分析はまだ終わっておらず、移動速度もわかっていないが、未発表データによると、1匹のアカマンボウが8カ月の間にカリフォルニア中部沖からハワイまで移動していたことが明らかになった。

 すべてのアカマンボウがこのような移動をしているのか、この個体が例外であったのかはわからない。同じ研究でカリフォルニア州中部と南部の沖でタグを取り付けられたほかの個体は、バハ・カリフォルニア(メキシコ)に向かっていた。

 アカマンボウに関する謎はこれだけではない。単独で行動し、深海に生息しているため、どのぐらいのまとまりで暮らしているのか(個体群サイズ)も寿命も、さらには、いくつの種がいるのかさえもわかっていない。

 南カリフォルニア沖でのアオザメとヨシキリザメの長期調査に伴いアカマンボウが偶然捕獲されることが増えたことで、こうした状況が変わりつつある。スノッドグラスによると、研究者が最初のアカマンボウを捕獲したのは、この調査が始まってから15年後のことだった。「この5年間では、60匹以上捕獲しています」

 捕獲数が増えたことで、生物学者はアカマンボウにタグをつけたり、少量の試料を採取して遺伝学的解析を行ったりすることが可能になった。こうした研究から、ハワイ近海でよく見られるアカマンボウ(学名:Lampris guttatus)が単一の種ではないことを示す証拠が得られたとスノッドグラスは言う。

 とはいえ、研究は容易ではない。アカマンボウは力が強いので、たぐり寄せてタグを取り付けるのはひと苦労だという。「激しく暴れて水を跳ね上げるので、タグを取り付け終わる頃には全員がずぶ濡れです」

 胸びれが弱々しそう? 経験者であるスノッドグラスの言葉を借りると、格闘中に胸びれが当たったときの痛さは「平手打ち並み」だという。「結構、アツい魚なんです」

文=Jane J. Lee/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加