最終回 再会

 8月23日。とうとうイリーの町を離れる日がやってきました。

 ノースカントリー・ロッジのトムやキャロルには、朝のうちに挨拶にいき、午後になって、ジュディやハイジ、そしてジムとも、それぞれに大きなハグをして、別れを告げました。

「きっとまた戻ってくる」と心に決めていたので、さみしいという感情は、とくに湧き上がってきませんでした。

 車は森の中を進み、イリーの町を抜けてしばらくいくと、ダルースへと続く、まっすぐなハイウェイをひた走りました。

 運転してくれているのは、レイヴンウッド・スタジオの増築を設計したデイビッド・サルメラでした。

 ダルースを拠点に活動している著名な建築家で、ちょうどジムに会いにきた帰りと予定が重なったので、乗せてもらうことができたのです。

 車中では、デイビッドに尋ねられるままに、今回の旅の話をしました。

 もの静かで、几帳面そうなデイビッドは、ぼくの話を聞きながら、幾度となく、丁寧に相づちを打ってくれました。

 が、ぼくの方は、いくら話をしても、うまく伝えきれないもどかしさを感じ続けていました。

 オオカミの夢を見て、ジムに弟子入りを志願し、返事が来なかったので、会いにきた。

 イリーまでのバスがないので、ダルースのホステルのオーナーに送ってもらった。

 カヤックを購入して、8日間、ウィルダネス保護区を旅して、ムース湖に辿り着いた。

 湖畔にあったフィッシング・ロッジの人々の助けで、ジムに会うことができた。

 弟子入りは断られてしまったけれど、帰国までクリフハウスに住まわせてもらい、撮影を始めることになった。

 ウィル・スティーガーにも紹介され、ときおりホームステッドに泊まりながら、巨大な城の建設を手伝った……。

 要約してしまえば、つまりはそういうことに違いないのですが……事実を並べたところで、ぼくが体験してきたことの、いったい何が伝わるというのでしょう。