アオカケス

Cyanocitta cristata
アオカケス
Photographed at University of Nebraska in Lincoln
Photograph by Joel Sartore, National Geographic Photo Ark
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 鳥類
IUCNのレッドリストによる
危機の評価:
低危険種
食性: 雑食
体長: 25 ~ 30 センチ; 翼長34 ~ 43 センチ
体重: 70 ~ 100 グラム


ティーカップとの比較

分布

プロフィール

 アオカケスは北米の自然林に住んでいて、非常に順応性がある利巧な鳥だ。 この鳥の英名ブルージェイは「ジェイ! ジェイ!」という鳴き声が由来。ほかにもタカに似た鳴き声など数多くの鳴き声をもつ。

 ときおり、卵やヒナを食べることで知られていて、その行為がこの鳥のイメージを悪くしている。アオカケスは基本的に植物食だ。食料の多くはドングリや木の実、種子で、イモムシやバッタ、カブトムシなどの昆虫類も食べる。アオカケスは地中にドングリを蓄えることがあり、それを取り出すのを忘れることで森林を成長させるのにも役立っている。

 アオカケスは北米東部や中部に多く生息しているが、徐々にその生息範囲を北西部に広げている。極めて社会的な鳥であり、つがいで、または家族や小さな群れでいるのをよく見かける。大部分は越冬のために北から南を目指して移動し、250羽もの大きな群れで長い旅をする。

 しかし、科学者にとってこの移動はちょっとした謎になっている。生息地域で越冬するものもいれば、ある年には移動するが次の年には移動しないものもいるのだ。それぞれのつがいや家族が移動するかどうかを決めるのはどんな要因によるのかは不明である。

アオカケスは北米の広い地域で見られる。
Photograph by Joel Sartore
(写真クリックで拡大)

動物大図鑑トップへ