ボブキャット

Felis rufus
岩の上に座るボブキャット
Photograph by Norbert Rosing
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
保護状態: なし
食性: 肉食
寿命: 野生: 10 ~ 12 年
体長: 頭胴長 66 ~ 104 センチ; 尾 10 ~ 18 センチ
体重: 5 ~ 14 キログラム
ボブキャットは、アメリカ合衆国に生息する野生のネコの中で個体数が最も多く、北米大陸原産のネコ科の動物の中で最も広範囲に分布している。

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 ボブキャットはひっそりと暮らしていて夜行性であるため、めったに人間の目に触れることはない。姿は見せないが、北米大陸全土を移動して回り、森林や湿地、砂漠から都市近郊に至るまで多様な環境にうまく適応して暮らしている。

  ワイルドキャットとも呼ばれ、体はイエネコの2倍ほどだ。足が長く、手のひらは大きく、耳にはふさふさの毛が生えている。これは、仲間の大型種、カナダオオヤマネコと共通する点だ。たいてい茶色か赤茶色の毛皮で覆われており、腹部は白く、しっぽは短くて先端が黒い。

  獰猛な捕食動物であり、自分よりはるかに大きな獲物を仕留めることもできるが、たいていはウサギや鳥、ネズミ、リスなどの小動物をエサとしている。狩りのときは息をひそめて獲物に忍び寄り、3メートルの大ジャンプをして最後のとどめを刺す。

  ボブキャットは単独行動をする動物である。メスは誰にも邪魔されない場所で巣穴を作り、9~12カ月間にわたり1~6頭の子どもを育てる。子どもたちはこの間、独り立ちへ向けて狩りの方法を教わる。

  一部の地域では、柔らかいヒョウ柄の毛皮を目的としたボブキャット猟が今も行われている。北アメリカ全土での生息数はかなり多いと考えられており、アメリカだけでもおよそ100万頭いると推定される。

動物大図鑑トップへ