ブチハイエナ

Crocuta crocuta
ブチハイエナ
Photograph by Beverly Joubert
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
保護状態: なし
食性: 雑食
寿命: 野生: ~ 25 年
体長: 頭胴長 86 ~ 150 センチ; 尾 25 ~ 36 センチ
体重: 50 ~ 90 キログラム

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 ブチハイエナは森の掃除人として有名であり、ほかの肉食動物の食べ残しをエサにしている。しかし、このたくましい動物には、ヌーや草食動物などを仕留める狩りの技術がある。また、鳥やトカゲ、昆虫なども捕食する。
 
  人口過剰のアフリカでは、人間とハイエナ接触する機会が多い。事実、ケニアやタンザニアに住むマサイ族は人間の遺体を放置してハイエナに食べさせる。この知的で大胆な動物は食糧倉庫や作物を荒らし、家畜や人間も襲うことから嫌われている。一部の地域では、害獣として大量に捕殺されたこともある。
 
  ハイエナはアフリカ大陸のほとんどの地域と、アラビアからインドの東部にかけて生息している。3種類いるハイエナの中で、ブチハイエナが最も大きい。ほかの2種類には茶色いしま模様がある。一見するとイヌのようだが、実際はネコに近い。ブチハイエナは最大約80頭で構成されるクランと呼ばれる群れで活動し、メスがリーダーとなっている。彼らはとても賑やかで、「笑い声」のような鳴き声をはじめ、さまざまな音を発する。
 
  聴覚は鋭く、眼は夜でもよく見える。走るのは速く、長距離でも疲れることがない。仲間と協力して獲物の群れから病気や弱っている個体を器用に引き離して殺す。仕留めた獲物を仲間やライオンなどと奪い合うこともある。

動物大図鑑トップへ