チンパンジー

Pan troglodytes
生後3カ月のチンパンジー
Photographed at Tampa's Lowry Park Zoo in Florida
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
IUCNのレッドリストによる
危機の評価:
絶滅危惧種
食性: 雑食
寿命: 野生: 45 年
体長: 1.2 ~ 1.7 メートル
体重: 32 ~ 60 キログラム

成人男性(180cm)との比較

分布

プロフィール

 チンパンジーは、人間に最も良く似ている動物だ。遺伝子配列の98%以上が同じであると言われており、400万~800万年前に存在していた同一の祖先を有するとも言われている。チンパンジーは数十頭からなる社会的な集団を形成し、アフリカの熱帯雨林や森林地帯、草原地帯に生息している。
 
 通常は手の甲を地面につけたナックル歩行で移動するが、二足で立ったり、そのまま歩行することもできる。枝から枝へ移ることで、餌場でもある木々の間を器用に移動できる。チンパンジーは、木々の上に葉を集めて巣を作り、その中で眠る。
 
   通常は果実や植物をエサとしているが、昆虫や卵、死肉を含む肉類を食べることもある。明らかになっているだけでも数百種類のものをエサとしている。
 
 道具を使う動物はまれだが、チンパンジーはその一種だ。木の枝を加工して昆虫を巣から引っ張り出したり、丸太から幼虫をかき出したりする。さらには木の実の殻を割るために石を使ったり、水を飲むために葉をスポンジ代わりにしたりすることもある。さらにチンパンジーは、人間の教える簡単な手話も覚えることができるのだ。
 
 メスは年間を通じて出産することができ、通常は1度に1匹しか生まない。子どもは、母親にぶら下がり2歳まで過ごす。メスは13歳で繁殖できるようになるが、オスは16歳にならないと成熟しない。
 
 チンパンジーは、生息地の破壊や捕獲により絶滅の危機に瀕している。われわれ人間は、この非常に近い存在のチンパンジーの生存を脅かしているのだ。

葉の間からのぞく若いチンパンジー
Photograph by Michael Nichols
(写真クリックで拡大)

動物大図鑑トップへ