コククジラ

Eschrichtius robustus
水面に頭を出すコククジラ
Photograph courtesy NOAA
(写真クリックで拡大)
早わかり

分類: 哺乳類
食性: 雑食
体長: 12.2 ~ 15.3 メートル
体重: 約 30 トン

バスとの比較

分布

プロフィール

 コククジラは、頭部や背中に寄生動物やほかの生物が付着していることが多く、海中の岩のように見える。最も長い距離を回遊する動物の1つで、群れを形成して夏場の生息地であるアラスカ水域から、冬はより暖かいメキシコ沿岸まで往復約2万キロを回遊するものもいる。南方や温暖な気候の浅瀬で越冬して子を産む。別の個体群は東アジア近海に生息している。

  鼻づらで海底の泥を舞い上げ口にふくむと、上アゴのくし状のヒゲを使ってこし取り、泥の中に潜む小さな生物を食べる。英語では「whalebone(クジラの骨)」とも呼ばれるヒゲ1本の長さは40センチ以上になり、人間のツメと同じくらいの硬さがある。かつては、女性のコルセットや傘骨として利用されていた。

 ほかのクジラと同様に呼吸のため水面に浮上するので、回遊中の群れは北アメリカの西海岸でもよく目撃される。かつては広い範囲で捕獲され、20世紀初頭には絶滅の危機に瀕していた。現在は国際法で保護されており、生息数は増加している。1994年にはアメリカの絶滅危惧種リストから除外されるまでになった。

動物大図鑑トップへ