角幡唯介 北極圏で「極夜」の探検に挑む

 グリーンランド最北の村では、冬になると太陽が姿を現さない。いわゆる極夜である。その暗闇の世界を、角幡唯介さんはたった一人で橇を引いて、凍った海峡を越え、カナダまで歩こうという壮大な計画を立てている。

 早稲田大学の探検部出身。新聞記者を経て、探検する作家(ものを書く探検家)に転身した。チベットに残された未踏の峡谷を歩いたり、極北カナダで129人全員が遭難した170年前の探検隊の行方を追ったりと、これまで誰もやらなかった命からがらの探検をしながら執筆。著書は、数々のノンフィクション賞を受賞している。

掲載号

2015年11月号に寄稿いただきました。

1月号に付く118ページ特別別冊で、角幡さんを紹介しています。

過去の連載

1月号に付く118ページ特別別冊で、角幡唯介さんを紹介しています。

連載 グリーンランド滞在日記