おいしくなる戦場の食事、5カ国を比較

 戦場で兵士が食べる野戦食がおいしくなっている。栄養価がアップし、種類も豊富だ。
 野戦食「MRE」を開発する米陸軍ナティック研究所のジャネット・ケネディによると、1300カロリーのMRE(25℃で36カ月保存可能)が年間生産量は3000万食。30年前はもっと種類が少なく味も悪かったと、元中佐のデビッド・アセッタは話す。今では24種類から選べるようになった。「ものすごい進歩ですよ」

 写真は5カ国(米国、オーストラリア、ロシア、日本、イタリア)の野戦食(1日分、または1食分)。内容物がすべて写っていない場合もある。

米国

パン、タバスコ、ソフトキャンディ、ガム、ミートボールスパゲティ、乾燥クランベリー、プレッツェル、チーズスプレッド
写真: ASHLEY GILBERTSON

オーストラリア

ビスケット、チリコンカーン、ツナ、シリアルバー、洋梨、チーズ、キャンディ、ベジマイト(ペースト状の発酵食品)、ゴマ入りビスケット
写真: ASHLEY GILBERTSON

ロシア

肉と野菜、インスタント麺、肉の煮込み、粉ミルク、レーズン、クラッカー、チョコレート、さらに肉の煮込み、加糖練乳、インスタントのそばの実、ティーバッグ
写真: ASHLEY GILBERTSON

日本

ごはん、のり、野菜とソーセージ入りカレー
写真: ASHLEY GILBERTSON

イタリア

ミックスフルーツの缶詰、携帯用コンロ、ジャム、コーヒー、浄水錠剤とビタミン剤、ビスケット、七面鳥の肉、リキュール、歯ブラシ、牛肉のゼリー寄せ、ライスサラダ、豆入りパスタ、シリアルバー
写真: ASHLEY GILBERTSON