第2回 まるで宇宙生物! イカを解剖してみよう

(写真クリックで拡大)

 では、そろそろスルメイカをじっくり見てみましょう。

 まずは写真のように置いてみます。生き物のスケッチは、ふつう頭部を胴体の上にして描くので、それに準じて写真もアタマを胴体(筒のようになった部分)の上にしてみました。
 目につくのは眼と足(ゲソ)、胴体といったところでしょうか。なんの変哲もないイカですが、これをヒトに置き換えてみるとその不思議さがわかってきます。

 そこでまずはヒトの図を描いてみます。アタマ・腕・胴体・足がこんな風に付いていますね。

(写真クリックで拡大)

 では、この絵をイカのルールに合わせてみます。すると・・・。

(写真クリックで拡大)

 これはヘンですね。アタマの上に足と腕があり、下に胴体がある。頭足類とはよくいったものです。実習時にこれを描くと、一種異様な盛り上がりを見せます。私の絵が下手だからかもしれませんが(笑)。

 じつは私たちヒトの形も多くの生物のうちの1つでしかなく、生物にはさまざまな形がある。そんなことに気づいてもらえればと思っています。