ナショナル ジオグラフィックで活躍する、ネイチャー・フォトジャーナリストのポール・ニックレンの写真展が5月30日より東京・新宿のコニカミノルタプラザで開催されます。

2013年の世界報道写真コンテスト「自然」の部で1位を受賞したコウテイペンギンのシリーズのほか、南極海のヒョウアザラシ、北極圏のセイウチ、イッカクなどの海洋生物など、極地の自然環境と生命のドラマを大型プリントで展示いたします。
幼き頃、イヌイットの人々との暮らしを通じて、極地で生きてゆく術や、天気の読み方、そして何よりも我慢することの大切さを学んだニックレンだからこそ撮ることができた、生命力あふれる動物たちの姿をご覧ください。

●会場/ コニカミノルタプラザ・ギャラリーA(東京・新宿)
●会期/ 2014年5月30日~6月24日 入場無料
●詳細はこちらから
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2014june/paul/