• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- APRIL 2014 -

悲運の巨大タイヤ

「史上最大のタイヤが生命のいない大陸を駆け抜けるだろう」


 そんな誇らしげな説明とともに、『ナショナル ジオグラフィック』1940年2月号に掲載されたのが、上の写真。米国オハイオ州のグッドイヤー本社近くで撮影されたものだ。


 直径3メートル、重さ300キロを超えるこの巨大タイヤは、リチャード・バードの南極遠征に使うスノークルーザー用に製造された。しかし、残念ながら大活躍とはいかなかった。


 クルーザーは、米国内の移動中から、川に落ちたりモーターが故障したりとトラブル続き。なんとか南極大陸へ到着はしたが、こんどは車自体の重みで雪に深く沈んでしまい、結局、雪の中に放棄されることになった。取り残されたクルーザーは、1958年に一度目撃されたものの、その後行方はわからないままだ。


写真=Willard R. Culver, National Geographic Creative

フラッシュバック一覧へ

  • ビリヤード場の“やじ馬”
  • 日焼け対策はばっちり
  • おーい、聞こえるかい?
  • 美女とかわいい野獣
  • 第一次大戦に使われた気球
  • 1927年生まれの噴水
  • アメリカでも流行った? ローマ風呂
  • 人海戦術でダム建設
  • 毛むくじゃらの牛
  • どこから見てもエッジの効いた都市
  • アイスフィッシングの名所

ナショジオクイズ

IT産業が盛り上がるアフリカ。中でもケニアは何と呼ばれている?

  • シリコンサバンナ
  • シリコンサファリ
  • シリコンサハラ

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ