• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スウェーデンのサーミの村によくある円すい型のテントの骨組み。トナカイの肉を燻製するために使われることも多い。 Photograph by Erika Larsen
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photograph by Mark Thiessen and Rebecca Hale



作品を収録しています!

写真集「ウーマン・オブ・ビジョン ナショナル ジオグラフィックの女性写真家」

ナショナル ジオグラフィックの女性写真家11人がとらえた、人、文化、社会、都市、自然。

「この仕事には、女であることがぴったりなんです。女でよかった、と思います」

 米国ワシントンD.C.に生まれたラーセンは、ハッブル宇宙望遠鏡の設計者だった父親を通して写真を知った。父親が、惑星やその衛星の写真をよく家に持ち帰ったのだ。

「クオリティが高かったのをよく覚えています。その写真が実際には遠く離れたものなのだ、と思ったことも。写真は魔法に違いない、と思いました」

 大学時代は映画製作とアニメーションを専攻したが、最も魅力を感じたのは写真。「映画はチームの一員としての仕事だけれど、写真家なら自分一人でできるところが気に入ったの」

 代表作は、北極圏に暮らすサーミの人々を記録したもので、2011年にナショナル ジオグラフィック誌11月号に掲載された。

 ラーセンは実際に写真を撮り始める前に、2008年から2011年までサーミの人々の間で手伝いをしながら暮らし、その文化に浸った。料理や掃除、縫い物、トナカイの世話のほか、地元の大学でサーミ語を学んだ。

「すべきことをするためには、誰かの手伝いをするのがいいと気づいたの。私が本当にしたかったのは、彼らから学ぶことでした。彼らの暮らしについて先入観を持つことは避けたかったのです」

※ 写真集「ウーマン・オブ・ビジョン」に収録された作品とインタビューから抜粋しました。

ナショジオクイズ

世界で3300~3500羽ほどいるタンチョウですが、その半数以上が生息する国はどこでしょう?

  • ロシア
  • 中国
  • 日本

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ