第1回 超速とカート宴会の国

――ソマリランド、受賞作を読んで、すごい国があったものだと思いました。

 すごいでしょう。
 ソマリアはおよそ20年も無政府状態が続いている国で、ソマリランドはそのなかにあって、自ら武装解除して平和を保っている民主主義国家です。

 もっとも国際社会では認められていませんから、自称独立国ですけれど。

――ソマリランドのことは、何で知ったのですか。

 吉田一郎さんの著書『国マニア』(※1)です。読んだのは5~6年前でしたかね。

 ソマリアは内戦がひどくて、絶対に行けないところと、アフリカ通にも認識されている国なんです。ですから、そういう平和国家の存在は信じ難いものがありました。

 未知の生物じゃあるまいし、誰にも知られずにそういう国家が存在し得るのかと。

無政府状態が続くソマリアは、今や大まかにソマリランド、プントランド、南部ソマリアの3つに分けられる