第2回 宇宙エレベーターの「支柱」は1.38mm!

石川洋二さん。(写真クリックで拡大)

 いよいよ本論。

 宇宙エレベーターって何? 知っている人は今さら、と思うかもしれないが、ここはぜひ付き合っていただきたい。2012年にまとめられたプランだから、最新の知見が盛り込まれている部分も多く、一見一聴に値する。

 基本的な部分から、石川さんに解説していただこう。

 宇宙といえば、現在主流の輸送手段は化学ロケットだ。日本には1990年代から運用されているH2シリーズと、つい最近1号機が打ち上げ成功したイプシロンがある。アメリカのスペースシャトルは退役したが、あれもロケットだ。今、10代から40代前半くらいの人にとって、ロケットの代表格はスペースシャトルかもしれない。

 大型ロケットに多い液体燃料タイプの場合、燃料(液体水素だとか、灯油だとか)を、液体酸素とまぜてごーっと猛烈な勢いで燃やして噴射し、推進力を得る。一度でも、現場で見ると魅了される。ロケットは、目下のところ宇宙開発の象徴であり、唯一の輸送手段であることは間違いない。

(写真クリックで拡大)

 宇宙エレベーターが建設されるとそれが一変する。宇宙への輸送コストが100分の1になり、また、かなり重たいものも持ち上げられるようになる。石川さんたちの想定は積載重量70トン。スペースシャトルの25トン(低軌道)と比べて3倍にもならないという見方もできるが、宇宙エレベーターの場合は低軌道も静止衛星軌道も関係なくこの重さを持ち上げられる。静止軌道への打ち上げ能力はスペースシャトルで4トンに満たず、日本のH-2Bロケットでも最大8トンだ。それを考えれば非常に重たいものを持って行けるようになるのだと分かる。

「元々の考え自体は100年以上前からあるんですよね。ツィオルコフスキーというロシアの宇宙工学者がアイデアを出して、同じくロシア人のアルツターノフが1960年代に洗練させました。さらに、アメリカのピアソンという研究者が取りあげて、その情報提供で、クラークがSFを書いたり、といったふうなんですが……ただ、その時点では、夢物語だと思われてたんですよ。というのは、10万キロぐらいのケーブルを地球から伸ばすときの引っ張り力っていうのは半端じゃないんです。それに耐える材料がありませんでしたから」

『8時間睡眠のウソ。 ――日本人の眠り、8つの新常識』

睡眠の都市伝説を打ち破り、大きな反響を呼んだ「睡眠学」の回が、追加取材による書き下ろしと修正を加えて単行本になりました! 日々のパフォーマンスを向上させたい人はもちろん、子育てから高齢者の認知症のケアまでを網羅した睡眠本の決定版。睡眠に悩む方々は、本書を読んでぜひ理想の睡眠を手に入れてください。
Amazonでのご購入はこちらからどうぞ。

単行本: 248ページ
出版社: 日経BP社
発売日: 2014/1/18