クマムシ博士から深海を行く微生物ハンターへの反論

 最強。人々を熱狂させる魅惑の言葉だ。最強の存在を無意識に求める私たちの欲望は、映画や漫画に登場する最強のキャラクターなどに投影されている。また、人類最強を決定する格闘技の催しが大晦日にたびたび行われている。実際、人類はこれまで、個人そして組織を単位として最強を競い合ってきた。その負の側面として、戦争が挙げられるだろう。スポーツは平和的に行われる疑似戦争と見なすこともできる。いずれにしても、人々が最強を求めるのは、道徳的な善悪とは別のところにある本能的な欲求だと思われる。

 クマムシという生物がいる。私が研究の対象としている生きものだ。この生物はしばしば、地上で最も強いと評される。そう、私たちが崇拝すべき「最強」生物なのだ。

 クマムシは体長が0.1~1.0ミリ程度の、4対の肢をもつ微小な生物である。歩く様子がクマに似ていることから“water bear”とよばれる。クマムシは昆虫ではなく、緩歩(かんぽ)動物とよばれる分類群に属する。現在までに、1000種類以上のクマムシが記載されている。道路上の干涸びたコケなど、私たちの身近な場所にもクマムシが棲んでいる。

 驚くことに、陸に生息するクマムシは、体の中から水が抜けてカラカラになっても死なない。この乾燥した状態はいわゆる仮死状態であり、「乾眠(かんみん)」とよばれる。乾眠状態にあるクマムシは見た目はただの石ころのようであるが、水を吸うと何事もなかったかのように、再び動き出す。

 クマムシは放射線にも非常に強い。通常状態および乾眠状態のクマムシは、ヒトの致死量のおよそ1000倍に相当する線量の放射線を浴びた後でも生存できる。また、クマムシは乾眠状態で-273℃の低温、+100℃の高温、紫外線、水深1万メートルの75倍に相当する圧力、真空などさまざまな種類の極限的ストレスに耐えられる。

 さらに、宇宙空間に10日間曝露された乾眠状態のクマムシの一部が、地球に帰還後に復活したことも確認されている。この実験ではほとんどのクマムシが多量の紫外線照射のために死滅してしまったが、わずかながら生き残った個体がいたという事実は、クマムシが他の生物に比べてきわめて高い耐久性を備えていることを示している。

 このように、クマムシは生物界で最強ともいえる耐性をもっているのだ。クマムシの耐性や生態についてさらに知りたい方は、9月15日発売の拙著「クマムシ博士の「最強生物」学講座―私が愛した生きものたち」を読んでいただければ幸いである。本書はクマムシの他にも常識破りの生物たちのエピソードが盛りだくさんなので、生き物好きの方にはきっと楽しんでいただけると思う。

『クマムシ博士の「最強生物」学講座: 私が愛した生きものたち』

Webナショジオの好評連載「研究室に行ってみた。」にも登場したクマムシ博士こと堀川大樹さんの本が出版されました。地球上に人知れずうごめく、スゴイ奴らの最強振り(?)を見逃すな!

190ページ・本体1200円+税
発行:新潮社

amazonでの紹介はこちらからどうぞ!