第2回 3Dプリンタでフローレス原人の脳サイズを測定

 フローレス原人、ホモ・フロレシエンシスは、1メートルあまりと、極端に低身長であるため、疑問に思う研究者も多い。

 低身長症のホモ・サピエンスの骨を見つけただけであって、フローレス原人などいない! 的な批判もあった。また、従来はアフリカでのみ生きていたと考えられていた、身長130cmほどの最初期の原人ホモ・ハビリス(約240~180万年前)が、実は出アフリカを果たしていて、フローレス原人になったのではないか、という別の意味で驚愕の仮説を支持する研究者もいる。

 海部さんは、そんな中、長年かかわってきたジャワ原人の研究を買われて、フローレス原人の頭骨の研究を任されることになった。新しく知られた人類というのはまず、発見を伝える短報を出し、その後で、詳細に研究してどんな特徴をもっているのか明らかにした記載論文を専門誌に出すのが通例だ。発掘チームに属していなかった海部さんに白羽の矢が立ったのは、先輩の日本人研究者が積み重ねてきた信頼のおかげだと海部さんは考えている。

 では、初めて、その頭骨を手にした時の印象はどんなふうだったのか。

国立科学博物館にあるフローレス原人の頭骨のレプリカも3Dプリンタで制作されたもの。(写真クリックで拡大)