世界で最も深い海への旅。その一部始終を映画監督ジェームズ・キャメロンの手記でお届けする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深海への挑戦

世界で最も深い海への旅。その一部始終を映画監督ジェームズ・キャメロンの手記でお届けする。

文=ジェームズ・キャメロン/写真=マーク・ティッセン

 映画「タイタニック」や「アバター」で知られる映画監督のジェームズ・キャメロンは、2012年3月、マリアナ海溝チャレンジャー海淵への潜航を成功させた。人類がその世界最深の海底に到達するのは史上2度目で、かつ単独での潜航は世界初の快挙だ。

 未来的なデザインの有人潜水艇「ディープシー・チャレンジャー」の設計から携わり、7年越しの夢をかなえたキャメロン自身が、『ナショナル ジオグラフィック』誌に手記を寄せた。

いざ、深海へ

2012年3月26日 5:15am
北緯11度22分、東経142度35分
(西太平洋 グアム島の西南西)

 夜明け前の海は真っ暗だ。太平洋の荒波が頭上でうねり、「ディープシー・チャレンジャー」が前後左右に大きく揺れる。昨夜は2、3時間横になったが、あまり眠れなかった。

 私たちは真夜中に起き出し、潜航前のチェックを開始した。チームのメンバーは全員、緊張していた。これまでの調査航海で最も厳しいコンディションだ。外部カメラを通して、二人のダイバーが狭い操縦室のすぐ外側で潜水艇を降下させる準備をしているのが見える。

 操縦室は直径109センチの鋼鉄製の球体だ。私はそこに、殻の中のクルミの実のように小さく押し込められている。背を丸めて座り、両膝を踏んばり、頭を自由に動かすこともままならない。これから8時間、この姿勢のままでいることになる。

 私は長年、この瞬間を夢見てきた。ここ数週間は、あらゆる非常事態について考え続け、恐怖に駆られる瞬間もあった。それでも、今の気持ちは驚くほど平静だった。私はこの潜水艇の共同設計者として、あらゆる機能と弱点を熟知している。数週間の操縦訓練を経て、もはや考えなくても反射的に手が動き、パネルやスイッチを操作できる。

潜航準備、完了

 現時点で不安はない。あるのは目的を必ず果たすという決意と、この先に待ち受ける体験への期待と興奮だけだった。

 よし、やってやるぞ――私は深呼吸をしてから、マイクのスイッチを入れた。

「潜航準備、完了。さあ、浮き袋を外してくれ」

 リーダー役のダイバーがロープをぐいと引っ張り、浮き袋を外す。潜水艇が急降下を始めた。波打つ海面にいるダイバーたちが瞬く間に小さくなり、やがて見えなくなった。後に残されたのは闇だけだ。計器の画面表示をちらりと見ると、1分間に150メートルの速度で降下している。

 わが生涯の夢が、かないつつあるのだ。7年がかりで潜水艇の開発に取り組んできた。完成までの数カ月も苦労の連続だった。ストレスとさまざまな感情が入り交じった航海を経て、ついに今、世界の海で最も深いチャレンジャー海淵への潜航が始まったのだ。

※ナショナル ジオグラフィック6月号から一部抜粋したものです。

編集者から

 映画「タイタニック」でお馴染みのジェームズ・キャメロンによる独占手記。閉所恐怖症気味の私は、鉄の球に閉じ込められ、体を丸めた状態で何時間も深海に潜るなんてことは、想像するだけで恐ろしいですが……。宇宙よりも調査が難しく、いまだ多くの謎が残る深海の探査とはどんなものなのかを知っていただける記事です。臨場感たっぷりのルポをお楽しみください。(編集M.N)

この号の目次へ

最新号

定期購読

ナショジオクイズ

写真はドバイの街を世界で最も高いビル「ブルジュ・ハリファ」から見下ろしたものですが、ブルジュ・ハリファの高さに近い山は次のうちどれ?

  • 箱根山
  • 比叡山
  • 天保山

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー