• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- APRIL 2013 -

剥製一筋50年の男

 写真は1947年、オオカミの剥製をつくるウィリアム・ブラウン。剥製師としての彼の最初の仕事の一つは、このオオカミをはじめ、1909年にセオドア・ルーズベルト元米大統領がアフリカ遠征から持ち帰った動物たちを剥製にすることだった。


 ブラウンは、ワシントンD.C.にあるスミソニアン国立自然史博物館の剥製師として51年間働き、およそ考えうるすべての動物を剥製にした。なかでも彼のお気に入りは、今も同博物館に展示されているカバ。ロシア人の皮なめし職人が、カバの皮を噛んでやわらかくしたという自慢の一品だ。


 「当時ぼくは40歳くらいで、剥製師として油がのりきっていた。カバの剥製づくりに成功したのはぼくが初めてだったし、たぶんこれからもそうだろう」と、ブラウンは書き残している。

文=ジョナ・リッツォ

写真=B. Anthony Stewart, National Geographic Stock

フラッシュバック一覧へ

  • 飛行機ウォッチングの穴場
  • その昔、ルーマニアの空は
  • カラー写真の先駆け
  • 嵐に悩む幹線道路
  • 電球交換にも細心の注意を
  • 50年前の宇宙飛行シミュレータ
  • 魚のアーチで皇太子を歓迎
  • 海辺で男たちが探しているのは?
  • 70年前の石油ブーム
  • インドの解毒研究所
  • うつぶせで飛行機を操縦?

ナショジオクイズ

写真は20代半ばのピカソの自画像。彼が生後、最初に発した言葉は次のうちどれ?

  • 鉛筆
  • おんなのこ
  • 闘牛

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ