建築資材、家畜、パソコン……。パレスチナのガザ地区では、あらゆる物資がトンネル経由で密輸される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガザ地区の密輸トンネル

建築資材、家畜、パソコン……。パレスチナのガザ地区では、あらゆる物資がトンネル経由で密輸される。

文=ジェームズ・ベリーニ 写真=パオロ・ペレグリン

 パレスチナ・ガザ地区では、ほとんどの国境検問所と空港、海域がイスラエルによって封鎖され、人々の出入国や物資の輸出入が厳しく制限されている。街は内戦やイスラエルによる攻撃で荒廃し、利用できる農地も限られていて、食料や物資の不足が深刻な状態となっている。

 この窮状に立ち向かうためにガザの人々が考案したのが、エジプトとの間に地下トンネルを掘り、それを使って物資を密輸する方法。現在、ガザ地区にはこうした「密輸トンネル」が数百本あると言われ、建築資材や食料、医薬品、衣服、ガソリン、パソコン、家畜、自動車など、ありとあらゆる物資の調達ルートとなっている。

 しかし、大半のトンネルは大人ひとりがやっと通れるほどの狭さで、いつ崩れてもおかしくないような粗末な造りだ。坑内では崩落事故や火災が起きるほか、イスラエル軍の空爆に遭うこともある。

 密輸トンネルとはどんなものなのか? そこで働く人々のつらい現実とは? ガザ地区の「危険に満ちた生命線」に潜入した。

 12月号が印刷されていた11月半ば、ガザ地区での武力衝突が激化しました。ハマスをはじめとするパレスチナ人武装勢力がイスラエルへロケット弾を撃ち込み、イスラエル軍は空と海からガザ地区を攻撃しました。イスラエルの攻撃目標は、ハマスの拠点やロケット弾など武器の保管場所、自治政府、メディア関連施設です。特集で取り上げたラファの密輸トンネルもイスラエルによる空爆の対象となりました。

編集者から

 ガザ地区では、消費財の3分の2がエジプトからトンネル経由で密輸されるそうです。イスラエル軍による空爆で破壊された建物を再建したいと思っても、建築資材を密輸しなければならないという、何とも不条理な現実があります。日本では空爆のニュースはときどき報道されますが、人々の暮らしまではなかなか伝えられません。ガザ住民の窮状を伝える貴重なルポルタージュ。まずは、写真家集団マグナムフォトに所属するパオロ・ペレグリンの写真からご覧ください。(編集T.F)

この号の目次へ

最新号

ナショジオクイズ

写真のハチドリはなぜじっとしているのでしょうか?

  • ハンドパワーを受けたから
  • 方向感覚を失ってしまったから
  • 熟睡しているから

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー