第5話「まさ~か~」のええええええええぇ!

 小型機はやはり乗ってみると、ドアがガタガタ鳴っていて、どこだかわからない場所からも、振動でビビっている音がしていた。

 エンジン音はもの凄い轟音で、空港でもらった耳栓をしていても頭が割れそうなくらいである。

 パイロットの腕が良いのだろう。雲と雲の隙間を見つけながら縫うように飛んでいて、真下は、目を見張るほどの荒涼なアラスカの大地が広がっていた。

 1時間ほどして、大きな湖の上を旋回すると、砂利をならしただけの簡素な滑走路に下りた。

 まるで10年以上も油をさしていないような扉を、ガタン! と自分で開けて、翼の上を歩いてステップを降りると、なんとも言えない森の匂いがしてきた。

 遠くには、ミンチュミナ湖周辺に住む人たちが集まっていて、彼らも、この飛行機が飛んでくるのを待っていたようだった。

振り向けばイケメンだった……。(写真クリックで拡大)