第5回 海はゴミ箱?

 私はこれまで30年間あちこちの海に潜ってきたが、毎回必ず目にするのがゴミだ。ビンや靴、皿、バケツ、フォーク、おもちゃ、歯ブラシ、デッキチェア・・・挙げだすときりがない。

 一人乗りの潜水艇ディープ・ローバーで水深300メートルほどまで潜水したときのこと。なにやら異様な光を放つ深海生物がいると思って、驚かさないように1時間近くかけてゆっくり近づいてみると、そこにあったのは海底に半分埋まったソーダ缶だった。北極から南極まで、海洋の全域が、世界中の人間たちが捨てた大小さまざまのプラスチックなどのかけらで埋まっているのである。

 海に堆積したゴミのなかで、何よりも量が多く、有害なのがプラスチックである。プラスチックは、その用途の多さや耐久性、たやすく成型できる特性で、私たちの生活に深く入り込んでいる。私もプラスチックの歯ブラシで歯を磨くし、プラスチックの櫛で髪をとかし、プラスチック製品であるフリースを着る。

 とはいえ、問題は私たちがプラスチックを使うかどうかではない。あまりにも多くのプラスチックが短期間使われただけで捨てられ、その結果、世界の自然を永久に変えてしまうことが問題なのだ。

一人乗りの潜水艇ディープ・ローバーと筆者 ©Image Courtesy of Sylvia Earle archives(写真クリックで拡大)