番外編 ルワンダってどんな国?

 ルワンダに行くというと、ほとんどの人に心配された。

 森さんも、ウィニーも、ステイシーも同様だったという。

 なぜなら、ルワンダ=怖い国というイメージが、世間一般では根強いからだ。

 直接的な原因を辿れば、1994年、国民の大多数を占めるフツ族の政権過激派が、少数派のツチ族を根絶やしにする政策を強行し、おおよそ100万人(ルワンダ国内で定説になっている数)のツチ族が殺害された「ジェノサイド」だろう。数字を書いてもただの「数」になってしまうが、四国の1.5倍ほどの土地に、当時、500万人あまりが住んでいた国で、毎日1万人もの人間が3ヵ月にわたって殺され続けたというのは想像を絶している。

 いや、想像してみるべきだ。1日に1万人という数は、どのような軍隊が通常兵器を用いて達成しようとしても簡単ではないだろう。事実、ルワンダで1994年に起こったことは、隣人による隣人の殺人の連鎖だった。加害者であるフツ族でも、穏健派はまず見せしめに殺されたので、ツチ族を殺さなければ自分も殺されるという恐怖感の中で殺戮が続いた。

 もっとも、1994年の時点で国際社会は事態を無視していたから、日本でリアルタイムでそのことを知っていた人は少ないはずだ。むしろ21世紀になって、『ホテル・ルワンダ』(2004年)や『ルワンダの涙』(2005年)といった映画が作られ世界各地で上映されてから有名になった。そのため、ルワンダのジェノサイドは比較的最近のことと思われがちだ。

映画「ホテル・ルワンダ」の舞台になったホテル「ミルコリンズ」。(写真クリックで拡大)
2017年9月号

本誌2017年9月号ではダイアン・フォッシーにまつわる特集「彼女が愛し、守ったゴリラたち」を掲載しています。
Webでの紹介記事はこちら。フォトギャラリーはこちらです。

ナショジオストア アマゾン