• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大統領選挙を間近に控えたエジプト。首都から遠く離れた地方は、民主化運動でどう変わったのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エジプト 革命の行方

大統領選挙を間近に控えたエジプト。首都から遠く離れた地方は、民主化運動でどう変わったのか。

文=ジェフリー・バーソレット 写真=アレックス・マヨーリ

 2011年、ムバラク大統領の長期独裁政権が崩壊したエジプト。首都カイロのタハリール広場で民主化の実現を訴える人々がいる一方で、民主主義への移行に難色を示す人も多い。革命後の人民議会選挙では、イスラム教黄金期への原点回帰をめざす超保守のヌール党が大躍進し、25%近い議席を獲得した。

 地方の都市では、革命前にはめったになかったという盗みが横行し、市民は治安への不安を抱えている。治安の悪化は主要産業である観光業にも大打撃を与え、エジプトを訪れる外国人観光客は激減した。

 治安の悪化と経済の低迷にあえぐエジプト。国民はリスクを冒してでも民主化の実現をめざすのか。それとも、生活の安定を求めるのか。南部のアブシンベルから北部のアレクサンドリアまで縦断し、人々の生の声を聞いた。

編集者から

 5月号が発売されるころには、新聞やテレビでエジプトの大統領選挙に関する報道が徐々に出てきているのではないでしょうか。タハリール広場での反政府デモ以降、エジプト国内がどんな状況になっているのか、この特集を読めばよくわかると思います。写真家集団マグナム・フォトの会長、アレックス・マヨーリの写真も必見です。(編集T.F)

この号の目次へ

ナショジオクイズ

頭蓋骨の解析データに基づいてCGで再現されたこの男性、誰でしょう?

  • ソロモン王
  • アダム
  • イエス・キリスト

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ