第55回「世界報道写真コンテスト(2012 World Press Photo)」の結果が10日、オランダで発表され、ナショナル ジオグラフィック誌からストーリー写真4作品が入賞しました。うち3作品は2011年に特集として掲載したもので、1作品は2月末に発売する3月号に掲載します。今回の世界報道写真コンテストには124カ国から写真家5247人、10万点を超える写真がエントリー、57作品が入賞しました。

「自然」の部 組写真1位 ブレント・スタートン
2012年3月号「サイの悲鳴」(日本版は2月末発売)

南アフリカで角めあてのサイの密猟が横行する。アジア向けの漢方薬ビジネスの闇を取材した。
世界報道写真コンテストの紹介ページ

「自然」の部 組写真2位 カーステン・ペーター
2011年1月号「世界最大の洞窟を踏破した!」

ベトナム東部、密林の地下に横たわるソンドン洞窟。世界最大とみられる洞窟の“終わり”を探す調査に、探検家や科学者が挑んだ。
2011年1月号特集の紹介ページ
写真家カーステン・ペーターの紹介ページ
世界報道写真コンテストの紹介ページ

「一般ニュース」の部 組写真3位 デビッド・グッテンフェルダー
2011年12月号「福島原発 避難の記憶」

3月11日の大地震後、原発事故の知らせを受けて、やむなく故郷を後にした住民たち。その記憶をたどる。
2011年12月号特集の紹介ページ
世界報道写真コンテストの紹介ページ

「現代社会の問題」の部 組写真1位 ステファニー・シンクレア
2011年6月号「幼き花嫁たち」

イエメンやインドでは、法律で禁じられているものの、10歳にも満たない少女たちが結婚させられている。低年齢で出産し、教育の機会を奪われる彼女たちを取り巻く現実とは?
2011年6月号特集の紹介ページ
世界報道写真コンテストの紹介ページ

世界報道写真コンテストの結果発表ページはこちら