第4話  JAMSTEC新人ポスドクびんびん物語

その1  緊急激論!“クマムシvs極限環境微生物”

というワケで、本当なら、因縁のJAMSTECでポスドク研究員としてのスタートを切ることになったワタクシのJAMSTEC新人ポスドクびんびん物語をサクサク始める所だったはずですが、このマクラ部を使って、「緊急激論!“クマムシvs極限環境微生物”激突! ドーなる?! 地上最強伝説」をお送りするはめになってしまいました。

とは言えワタクシの専門は一応「微生物学」なので、微生物のことはともかく、クマムシのことは全くの素人です。孫子の兵法「彼を知り己を知れば百戦殆からず」を実践しようにもクマムシの論文を検索するにも一苦労でした。そこで、思いっきりズルをして、敵役である堀川さんにお願いして、クマムシの生存能力に関する論文を全部教えてもらいました(堀川さん本当に有り難うございます)。

そんなこんなで作り上げた対決表がコレ↓です。
次回、この図をじっくり解説しましょう。

“クマムシvs極限環境微生物” 地上最強生物対決表
(表クリックで拡大)
*赤字は、系統的に調べられていなくて能力の限界が曖昧な項目
*「マジカル☆樽るートくん」とあるのは、クマムシが樽型の休眠状態にあること

つづく(次回、「蘇るが良い、アイアン微生物!」

高井さんが対決を挑んだクマムシ特集はこちら
「研究室に行ってみた。」パリ第5大学・フランス国立衛生医学研究所 堀川大樹
樽型になるクマムシ動画もあります!

高井 研

高井 研(たかい けん)

1969年京都府生まれ。京都大学農学部の水産学科で微生物の研究を始め、1997年に海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究者に。現在は、同機構、深海・地殻内生物圏研究プログラムのディレクターおよび、プレカンブリアンエコシステムラボラトリーユニットリーダー。2012年9月よりJAXA宇宙科学研究所客員教授を兼任。著書に『生命はなぜ生まれたのか――地球生物の起源の謎に迫る』(幻冬舎新書)など。本誌2011年2月号「人物ファイル」にも登場した。