• TOP
  • Webナショジオ
  • 【インタビュー】Webナショジオ・インタビュー アラン・ロベール

「指先2センチをかけられるスペースがあれば、登れますよ」と、世界各地の高層建築物を素手で登り、「ザ・フレンチスパイダーマン」の異名を持つアラン・ロベールさん。21mのルーブル美術館のピラミッドから、800mを超えるドバイのブルジュ・ハリファまで。世界を股にかけ、この17年間に登った建物は130カ所以上におよぶ。しかも、その多くが命綱なしだ。冒険者に贈られる表彰を受けるため来日したのを機に、じっくりと話をうかがった。あなたはなぜ、ビルを登るのですか――。(インタビュー・文=高橋盛男/写真=田中良知、Alain Robert)

最新号

翻訳講座

ナショジオクイズ

発情期、雄のクロザルの陰嚢がある状態になっていると多くの雌を惹きつけるそう。その状態とは?

  • 鮮やかな赤色をしている
  • 地面につくほど長い
  • 風船のように膨らんでいる

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー