3月11日の大地震後、原発事故の知らせを受けて、やむなく故郷を後にした住民たち。その記憶をたどる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島原発 避難の記憶

3月11日の大地震後、原発事故の知らせを受けて、やむなく故郷を後にした住民たち。その記憶をたどる。

文=ルシール・クラフト  写真=デビッド・グッテンフェルダー

 福島第一原発の事故で、すべての町民が避難生活を余儀なくされている福島県浪江町。3月11日の大地震と津波のあと、住民たちは原発の異変をテレビのニュースや防災無線で知って、とにかく原発から離れようと自宅を後にした。それ以来、わずかな一時帰宅の機会を除いて、家へ戻れない日々が続く。

 住民たちはどのような避難生活を送ってきたのか。人影の消えた町で、何が起きていたのか。2011年の終わりに、原発事故による避難の記憶をたどる。

編集者から

 B級ご当地グルメの祭典「第6回B-1グランプリ」で4位に入った「なみえ焼きそば」。この焼きそばの生まれた浪江町が、特集の本文の舞台です。写真では、警戒区域内の町の様子や、郡山市での避難生活を振り返ります。来年以降もずっと、この記憶を忘れないようにしなければと、編集をしていて改めて感じました。(編集T.F)

この号の目次へ

最新号

定期購読

ナショジオクイズ

こちらの元工場の屋上は農場と、あと何として利用されているでしょうか?

  • レストラン
  • 養殖場
  • 住居

答えを見る

ナショジオとつながる

メールマガジン無料登録(週2回配信)

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー