壁紙

広大な自然(ウガンダ・クイーンエリザベス国立公園)

人口が密集している地域にも、広大な空間は残っている。火山の噴火によって形成された湖が点在するクイーン・エリザベス国立公園もその1つ。アルバーティーン地溝帯では1920年代から1960年代にかけていくつもの保護区域が誕生したが、もしこの努力がなければ、こうした自然が今日まで残っていたかどうか疑わしいと保護活動家たちは言う。
写真=Joel Sartore

2011年11月号「シリーズ 70億人の地球 断絶するアフリカの楽園」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 吹雪の中のリス、ニュージャージー州
  • 氷の上でサッカー
  • ヘビウ、エバーグレーズ国立公園
  • 群舞するフラミンゴ 2 薄紅色に染まる羽
  • カニクイアザラシ、南極大陸
  • 非情の山 K2に挑む 2 装備を運ぶラクダ
  • かつてのサトウキビ農園の名残 (ブラジル)
  • サンゴの上を泳ぐネムリブカ (オーストラリア/グレート・バリア・リーフ)
  • ハイイロオオカミ、ワシントン州