第19話 糞良く、落馬……

「首が痛い……」――落馬した。

 近くで乗馬トレッキングを営む牧場から、タダで引き取られた馬だった。タダは怖い……。

 とんでもなく性格のひねくれた馬だった。 

 鞍を付けてその馬の背中に飛び乗り、三~四歩、歩いただけで、私は、いきなり宙を飛んでいたのだ。

 しかも、馬の頭を飛び越えて、かなり高く。

 そして、ドカッと落ちて顔を打った場所は、毎日、馬房の掃除で糞を捨てていた、糞溜めの山だった……。

 臭い……。たかっていたハエ連中も、びっくりして、蜘蛛の子を散らすように、一斉に飛び上がった。

 しかしこれは、糞が……、いや、運が良かった。
 軽症で済んだのは、糞溜めが軟らかくホヤホヤだったからだ。

 その様子を見ていたビルの娘のケイティーが、窓から顔を出して、声高々に笑っていた。
 きゃ~、はっはっはっはっは!

『今日も牧場にすったもんだの風が吹く』 廣川まさき著

Webナショジオのオープンと同時にスタートし、大人気を博した連載「今日も牧場にすったもんだの風が吹く」が電子書籍になりました!
最終回までの全59話を収録。

【お求めは各電子書籍ストアでどうぞ】

アマゾン

・日経ストア
・楽天kobo
その他の電子書籍店はこちら