第15回 アメリカ人よりもドーナッツ好きの国民とは? 後編

前回は、カナダでマクドナルドの2倍以上の店舗を持つという衝撃のドーナッツ店「ティム・ホートンズ」をご紹介。ちょうど、ジェイミーさんが出張に行くというので、無理を言ってドーナッツを買ってきてもらいました!

 そして、何週間後かにようやく「ティム・ホートンズ」とご対面。忙しい出張の中、本当に感謝です!

 ジェイミーさんセレクションのドーナッツは話に聞いた通り、日本でもよく見かけるタイプのドーナッツだった。しかし、それよりも残念だったのが、長旅の後の出来たてではないドーナッツは、やっぱりパサパサしてしまっていたこと。
 もともとの生地もふわふわではなく、食感がしっかりしたドーナッツなのかなぁ、ということはおぼろげにわかった。生地の密度が高かったのです。ああ、出来たて「ティム・ホートンズ」を食べてみたい。

 実は、ジェイミーさんが出張に出た後、調べてみたら「ティム・ホートンズ」には、「ダッチー」や「アップル・フリッター」という耳慣れないドーナッツがあった。「ダッチー」は、干しブドウ入りの穴のない四角いドーナッツ、「アップル・フリッター」はリンゴが入ったシナモン味のやっぱり穴なしのドーナッツ。どちらも、「ティム・ホートンズ」創業当初からあるオリジナルの人気メニューだそうだ。

 賞味期限切れでもいいから、これを頼んでみたかった!!
 でも、これは「ちゃんと美味しい『ティム・ホートンズ』を食べてね」という神様のお告げなのかも。部長、出張費出して~!

隊員のおやつなつぶやき