• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Photograph by Paul Nicklen
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Photograph courtesy Paul Nicklen



作品を収録しています!

ザ・ワイルドライフ・フォト 10人の巨匠 傑作選

ナショジオでもお馴染みの10人が、自らの野生生物写真の中から珠玉の10枚を選んで掲載する写真集。

 極圏を中心に野生動物を撮影する写真家。2011年8月号『森の精霊 スピリット・ベア』のような珍しいクマのほか、氷点下の海にも潜り、泳ぐホッキョクグマやイッカクなどの貴重な生態も写真に収めている (下に過去の特集へのリンクを掲載しています。特集ページの「フォトギャラリー」や「ズームイン」で、写真家の表現する世界をお楽しみください)

 ニックレンが育ったのは、カナダ、ヌナブト準州のバフィン島。イヌイットの小さな集落のなかで、数少ない非イヌイット家族の一人だった。子どものころはテレビもラジオもなく、友人たちと野生の動物たちを探して歩いたり、空模様を観察してすごした。そうしたイヌイットの人々との暮らしを通じて、ニックレンは極地で生きてゆく術や、天気の読み方、そして何よりも我慢することの大切さを学んだ。

 カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州にあるビクトリア大学で海洋生物学を専攻、卒業後はノースウエスト準州で野生動物の生物学者として働き始める。リンクスやグリズリー、ホッキョクグマといったこの地域ならではの野生動物を調査する職業だったが、データを取って発表するばかりの日々に、徐々に疑問を感じるようになる。

 やがて彼は生物学者の仕事を辞め、カメラを片手に3カ月にわたる北極圏の旅に出た。そして、ネイチャー・フォトジャーナリストとして、研究調査と一般の人々の間の橋渡しをすることに決めた。以後、『ナショナル ジオグラフィック』誌で10本の特集を担当し、「BBC Wildlife Photographer of the Year」や「World Press Photo Awards」など数多く受賞している。
カナダ・バンクーバー島在住。

ナショジオクイズ

IT産業が盛り上がるアフリカ。中でもケニアは何と呼ばれている?

  • シリコンサバンナ
  • シリコンサファリ
  • シリコンサハラ

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ