第10話 ついてらっしゃい! 子馬の調教開始

 さて、親離れをさせた子馬たち、ニーナとシンコーの話に戻ろう。

 あの後、子馬たちの様子も落ち着いてきたので、一頭ずつそれぞれの馬房に入れてやることにしたのだが、それから一週間、実は、彼らを馬房に入れっ放しにしていた。

 一度も外に出してやっていないのだ。

 毎日、餌をあげる度に、シンコーはうんざりという退屈な顔をしていて、ニーナの方は、いつまで、こんな狭い所に閉じ込めるつもりだ~」と、私を睨んでいた。

 これは、げじげじ髭のボスの意向で、これから、ちょくちょく入ることになる馬房に慣れさせることと、その場所が安全であることを教えるためである。

 一週間も入っていると、自分の糞尿でもの凄い状態になっているが、それも計算済み。壁や床に自分の匂い付けをして、またそこに入る際に、「あ~、自分の匂いだ~、あんしんだ~」と、思わせるためなのである。

『今日も牧場にすったもんだの風が吹く』 廣川まさき著

Webナショジオのオープンと同時にスタートし、大人気を博した連載「今日も牧場にすったもんだの風が吹く」が電子書籍になりました!
最終回までの全59話を収録。

【お求めは各電子書籍ストアでどうぞ】

アマゾン

・日経ストア
・楽天kobo
その他の電子書籍店はこちら