第8話 ようこそアニマルファミリーへ?

「馬は、私の人生。馬のいない人生など考えられない」

 そう言い切るスージーは、幼稚園から高校を中退するまで、毎日欠かさず、馬に乗って学校に通っていたという。 
 授業の間は、馬を校庭の隅につないで、休み時間になると、その馬の世話をした。

 高校生になると、ニュージーランドでは、免許を取って、車で学校に通うことができる。
 けれどスージーは、一切のよそ見をすることなく、愛馬にまたがり続けたのだ。

 そんな彼女に、学校側は突然、馬での登校を禁止すると言った。理由は、「他の生徒たちと違うことをしてはならない」だったという。

 まるで、日本で起こりうるような言い分で、豊かな時間が流れるニュージーランドの気風からは、信じられない事実だが、当然のごとく、馬と共に生きてきたスージーの心は、噴火した。
 そしてその場で、「分かりました。では、学校を辞めます」と、高校を辞めてきたのである。

 それからというもの、彼女は、競走馬の調教騎手をしている。

『今日も牧場にすったもんだの風が吹く』 廣川まさき著

Webナショジオのオープンと同時にスタートし、大人気を博した連載「今日も牧場にすったもんだの風が吹く」が電子書籍になりました!
最終回までの全59話を収録。

【お求めは各電子書籍ストアでどうぞ】

アマゾン

・日経ストア
・楽天kobo
その他の電子書籍店はこちら