第7話 爆弾スージー

 放牧のローテーションを無事終えたものの、クリスティンは依然と失踪したままだった。

 牧草地には、落ちてしまうような崖もなければ、落とし穴もない。むろん、クリスティンを食べようなどという危険な捕食動物もいない。
 ニュージーランドでは、繁殖目的でない限り、飼い犬には、去勢や避妊を行う習慣がしっかり根付いているから、クリスティンが突然発情して、オスを求める旅に出てしまうことは考えられない。

 これは、もしかして、家出? 蒸発? 駆け落ち?

 なにが不満で、いなくなったのか分からないが、犬たちのご飯の時間になっても、まったく帰って来ないのだ。
 結局、夕飯抜き!(これは、げじげじ髭のボスの指示ね)   

 ボスに聞くと、クリスティンは蒸発の常習犯だった。まったく、一番頼りにしていた犬なのに……。
「明日の朝になれば、ドロドロになって戻ってくるよ」
 と言ったボスの言葉どおり、朝にはケロッとした顔で、ドロドロになって帰ってきた。
 どうやら、ウサギを追って、巣穴を掘りながらトンネルの中を進んでいって、夜通し潜んでいたらしい。

『今日も牧場にすったもんだの風が吹く』 廣川まさき著

Webナショジオのオープンと同時にスタートし、大人気を博した連載「今日も牧場にすったもんだの風が吹く」が電子書籍になりました!
最終回までの全59話を収録。

【お求めは各電子書籍ストアでどうぞ】

アマゾン

・日経ストア
・楽天kobo
その他の電子書籍店はこちら