完全崩壊からほぼ忠実に蘇ったドレスデンの教会

19世紀後半の聖母教会(Library of Congress)
[画像のクリックで拡大表示]
1958年の聖母教会。ルター像は被害が少なかったため爆撃後すぐに再建されたが、教会は長い間瓦礫のまま放置されていた(Bundesarchiv, Bild 183-60015-0002 / Giso Löwe / CC-BY-SA 3.0)
[画像のクリックで拡大表示]
現代に蘇った聖母教会の姿。1994年に開始し、11年かけて再建された
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ関連書籍

消滅遺産

もう見られない世界の偉大な建造物

現地へ行っても残っていない、失われてしまった姿を写真で見る。世界から消えても、記録は残った。

定価:本体2,400円+税