サハラ砂漠にある巨大な環状の構造物。「リシャット構造」と呼ばれ、「サハラの目」の異名を取る(写真:NASA/JPL/NIMA)
[画像をタップでギャラリー表示]

 世界には、自然がつくり出した驚くべき光景や、科学では説明できないような不可解な現象が多々ある。成り立ちや原因がわからないことから、未知の古代文明や宇宙人に由来すると疑われるものさえあるほどだ。ここでは、ナショナル ジオグラフィックの別冊『今の科学でここまでわかった 世界の謎99』から、人々を惑わせてきた謎の自然現象を3つ紹介しよう。

サハラの目

 モーリタニアのサハラ砂漠に、直径約50キロという巨大な円形の構造物がある。「リシャット構造」と呼ばれるもので、「サハラの目」や「アフリカの目」の異名を取る。何層もの侵食された環の中に、さらに何層もの環があり、一面茶色の砂漠の中で明るい青色に輝いている。

 想像力豊かな観察者は、「サハラの目」の丸い構造とプラトンが描いたアトランティスとの間に相関関係を見出す。プラトンは、対話篇『クリティアス』の中で、アトランティスは環状の運河と帯状の土地とに囲まれていたと述べている。

 この環は物体が衝突してできたクレーターだとする現実的な説もあるが、環の岩石を調査しても、その説を裏付けることはできなかった。現在では、純粋に地質学的な構造であり、ドーム状の岩石が時間とサハラ砂漠の厳しい環境によって侵食されてできたものとされている。中央の堆積岩は、10億年前の原生代末期まで遡ることができる。より侵食に強い珪岩が、目を丸く縁取っている。ドームは太古の昔に火成岩が地表の下から押し上げられてできたものかもしれない。

人工衛星から撮影した「サハラの目」。まるで瞳のように見える(写真:NASA Worldview)
[画像をタップでギャラリー表示]

 「サハラの目」は、宇宙からもはっきり見ることができる。宇宙飛行士にとって、いわばランドマークのような存在だ。宇宙飛行士でない人も、グーグルマップで確認できるので、「サハラの目」または「リシャット構造」で検索し、「航空写真」モードにしてみよう。縮尺をかなり小さくしないと見えてこない点からも、その巨大さがうかがえる。

次ページ:死の谷の「動く石」

おすすめ関連書籍

今の科学でここまでわかった 世界の謎99

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズ第10弾。古代文明から超常現象、宇宙、生命まで、ミステリーの全カタログ。

定価:本体1,400円+税

この連載の前回の
記事を見る