オーストラリアで爆発的に繁殖したアナウサギ(Liz Poon, CSIRO)
[画像をタップでギャラリー表示]

 人類の歴史は「失敗の歴史」ともいえる。国を統治した王や、戦いの先陣に立った英雄のたった一つの判断ミスが、国や民族の命運を分けた例は数知れない。一方で、通常なら歴史に名を残すことのないような一個人の過ちが、その後の世界を大きく変えてしまうこともある。

 ナショナル ジオグラフィックの書籍『失敗だらけの人類史』は、そのような歴史的な「失敗」の数々を取り上げ、何を間違ったのか、その結果どうなったのかを解説する本だ。ここでは、オーストラリアにウサギを持ち込み、その生態系をがらりと変えてしまった一人の男の物語を紹介しよう。

持ち込まれたウサギ

 時は1859年、オーストラリアのビクトリア州でのこと。ビクトリア州順化協会に名を連ねるトーマス・オースティンは、ウィンチェルシーに所有する自らの土地で、クリスマスに狩りを行うことにした。本国イギリスの生活をうらやむ気持ちと、狩りをしたいという彼の願いが、やがて史上まれに見る生態学的災害を引き起こすこととなる。

 彼は、世界中の多くの入植者や移住者と同様、好ましくない周囲の環境になじみの動植物を加えることで、故郷のような雰囲気にしたかったのだ。イングランドに兄を訪ねた際、彼はウサギ狩りを何よりも楽しんだ。あまりに楽しかったので、ウサギをオーストラリアに送ってほしいと兄に頼む。そして24匹のウサギを送ってもらい、所有地に放した。

トーマス・オースティンの肖像
[画像をタップでギャラリー表示]

 乾燥したオーストラリアの環境に、ウサギは完璧に適応した。天敵の不在と暑さから守ってくれる巣穴のおかげである。持ち込まれたウサギは、殖えに殖え続けた。

 1866年には、オースティンの地所だけで1万4000匹以上のウサギが射殺される。しかし彼は、タカ、ワシ、ネコといった捕食動物も射殺していたので、ウサギの生息範囲は広がった。1886年には、北はクイーンズランドにまで広がり、1900年には、砂漠を4800キロ越えて西オーストラリア州やノーザンテリトリーにまで達していた。

1859年に放たれたウサギは、40年もしないうちにシドニーやアリススプリングズへ。わずか100年でケアンズやパースへも到達した
[画像をタップでギャラリー表示]

 オーストラリアでのウサギの移動は、世界中のどこの哺乳動物よりも速かった。南イングランドにノルマン人がウサギを持ち込んだのは1066年。それが800キロ北のスコットランドへたどり着いたのは、1950年になってからのことだった。それに比べると、オーストラリアでのウサギの増え方がいかに爆発的だったかわかる。

次ページ:ウサギとの戦い

おすすめ関連書籍

失敗だらけの人類史

英雄たちの残念な決断

人類が犯してきた失敗の数々をアダムとイブまでさかのぼって検証した書。聡明で経験豊かなリーダーたちは、なぜ判断を間違えたのか。

定価:本体2,600円+税

この連載の前回の
記事を見る