小笠原の島々で、海鳥が生態系のパーツとしてどのような機能を持ってきたのか。

 川上さんの近年の研究のひとつの軸はそのあたりにあって、その成果が島の生態系保全に役立つ。そんな流れを見てきた。

 でも、川上さんと話していると、なにかこういったまとめ方が一面的じゃないかと思うことしきりだ。飄々としてクールな語り口の中に、時々、研究がおもしろくてたまらないという熱がほとばしる瞬間がある。ぼくが感じた範囲では、そんな時の川上さんは、保全の基礎となる実学としての研究をはみ出して、単純に、この世界の背後にあることわりを理解したいという強い欲求にもとづいて語っている。それは魂の深いところから発露する情熱の形だ。

鳥類学者の川上和人さん。語り口はクールだが、研究が好きでたまらないという顔をのぞかせる。
[画像をタップでギャラリー表示]

 ということは、川上さんは、おそらく、子どもの頃から生き物好きで、野山を駆け回っていたのだろう。そのように思う人が多いだろうが、しかし、違う。そもそも、虫が嫌いだし、偶然、大学の生物サークルに入るまで、「鳥」もちゃんと見たことがなかった。こういったことは、ベストセラーになった抱腹絶倒の科学エッセー『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』に書かれているので、ここでは軽く触れるだけに留める。

 ぼくが直接うかがった中で、印象深かったのは、川上さんが生物サークルでバードウォッチングをするようになった後から研究者になる過程で起きた変化だ。最初は「スタンプラリーをするように」「ポケモンカードを集めるみたいに」、見た鳥のリストを伸ばしていくことに楽しみを見出していた時期があったものの、その後、卒論のために絶滅危惧種メグロの研究を小笠原の母島で始めて以来、視野ががらりとかわったという話だ。

 まずその経緯は──

小笠原の固有種メグロ。「鳥類学者川上和人」の出発点となった鳥だ。(写真提供:川上和人)
[画像をタップでギャラリー表示]

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る